フライ麺・ノンフライ麺の違い


乾燥方法の違い

フライ麺・・・揚げて乾燥させる

ノンフライ麺・・・熱風で乾燥させる






鍋ひとつで作ることができるインスタントラーメンは、食事を簡単に済ませたいときに便利です。カップラーメンとは違って野菜類や肉類、玉子などを加えることもでき、また牛乳で作ったり調味料を加えたりするアレンジを楽しむこともできます。もっと手軽にインスタントラーメンを作ることができるよう、電子レンジで調理するグッズも出てきています。あなたの好きなインスタントラーメンは、フライ麺とノンフライ麺のどちらでしょうか?フライ麺とノンフライ麺の違いを考えてみましょう。

製法の違いから、カロリーや味に違いがある

インスタントラーメンは生麺を蒸したあと、乾燥させて作られます。乾燥させる手段として油で揚げているのがフライ麺で、油で揚げていないのがノンフライ麺です。ノンフライ麺は油であげずに、熱風で乾燥させます。油の分だけ、フライ麺のほうがカロリーは高くなります。ただし油分のコクが加わるので麺の味に奥行きがでます。

元祖インスタントラーメンは、チキンラーメン!

インスタントラーメンと言えば日本の日清食品が発明したことは、有名です。日清食品の創業者である安藤百福が調理されている天ぷらが油の中で空気をはじき出しているのを見て思いついたのが、麺を油で揚げて乾燥させるという製法です。この製法で売り出されたのが世界初のインスタントラーメンであるチキンラーメンです。チキンラーメンは1958年(昭和33年)8月25日、「お湯をかけて2分間」の謳い文句で発売されました。

初インスタントラーメン、本当は日清じゃない?

ノンフライ麺は日清食品がチキンラーメンを発売する以前から、村田製麺所(現在の都一株式会社)や松田産業(現在のおやつカンパニー)が天日干しの製法で中華麺を製造していたのがもとだとされています。しかしこれらは乾麺との違いが明確ではないため、インスタントラーメンの初めては日清食品、ということになっています。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*